その他

社内にRedashを導入するまで

こんにちは!DBAを目指しているエンジニアの高嶋(@__1016t)です。
当社でダッシュボードツールである「Redash」を導入するときに課題となったこと、
それをどのように解決したのかを書きたいと思います。

Redash導入の背景と目的

ウエディングパークでは施策を考えたり、効果検証をするときのデータを
都度SQLを書いて抽出しています。

データの抽出はエンジニアが行うことになっているので、
ディレクターに必要な項目、抽出する条件をまとめて依頼をしてもらい、
担当エンジニアがヒアリングしながらSQLを書いています。

この運用でずっとやってきたのですが、施策や人が増えていく中で
以下のような課題が出てきました。

・たくさんの依頼によるエンジニアの工数圧迫
・工数を圧迫する懸念から、ディレクターが依頼をする心理的ハードルが高い
・ディレクターがほしいとおもったタイミングでデータを見ることができない

これらの課題を解決するため、Redashの導入が決まりました。

導入にあたってSuperset と Redashを比較した記事もあるので、ぜひご覧ください!
Redash と Superset を比較検証してみた

続きを読む

AWS CLIとAmazon Lightsailを使ってVPN回線をサクッと構築する

はじめに

エンジニアの久保です。
最近プライベートで海外に行きました。
街中の無料wifiを使うとき、情報検索程度ならよいのですが個人情報を入力するときはセキュリティ面で少し心配です。
また、海外に行った場合は、国内の回線からインターネットに接続したくなることもあります。
そんなときのために、個人的に利用できるVPN(Virtual Private Network)を用意しました。

今回は AWS CLI を使って、Amazon Lightsail 上にVPNサーバをサクッと構築してみます。

利用したもの

Amazon Lightsail

AWSが提供するVPS(Virtual Private Server)サービスです。
同社の Amazon EC2 に対して次の特徴があります。

  • ストレージやネットワーク(ロードバランサ、DNSなど)の設定がパッケージされている
  • 月額固定料金

LightsailはEC2に対して、必要な設定が最初からパッケージとして含まれているため、初心者にとっては使いやすいサービスです。
他方で、高度な設定はできないため柔軟な設定を行いたい場合はEC2を使った方がよいでしょう。
個人的な用途などでカジュアルにサーバ構築をしたい場合は、Lightsail で十分といえるでしょう。
https://aws.amazon.com/jp/lightsail

続きを読む

新卒2年目が作るエンジニア新卒研修(2019年度)

こんにちは。ウエディングパーク新卒2年目エンジニアの永井(@__south__373)です。
今年のエンジニア新卒研修を担当させていただいたので、ウエディングパークの新卒研修ではどんなことをしているのか、どうやって進めたのかについて書きたいと思います。

エンジニア研修の概要

ウエディングパークでは毎年4月から6月まで3ヶ月間のエンジニア研修を行い、7月から本配属となります。
3ヶ月間でウエディングパークの開発に必要な基礎知識を学びます。

ディレクターは、エンジニアの仕事内容を知ることにより
開発ディレクション時にスムーズにコミュニケーションが取れるようになるので、
4月のみ一緒にエンジニア研修を受け、5月から本配属となります。
同様にディレクター研修において、エンジニアにも必要な項目は一緒に受けています。

3月中旬頃に研修担当として、私(新卒2年目)と中途1年目の先輩がアサインされました。
そこから半月ほど準備を進め、3ヶ月間の研修を迎えることとなります。

続きを読む

LinuC(LPIC) Level1を取得した話

初めまして。SREチーム エンジニアの阿久津です。
今回は仕事の一環でLinuC(LPIC) Level1を取得したことについて記事にしたいと思います。
※受験した当時は「LPIC」という名称でしたが、今は「LinuC」という名称に変わったようですね。

1. LinuC(LPIC)について

1-1. LinuC(LPIC)とは

Linux技術を証明するための資格試験の一つ。正式名称は「Linux Professional Certification」で、略して「リナック」と読みます。
2016年12月時点で、全世界で53万人以上(国内だと約29万人)が受験して、18万人以上の認定者が生まれている資格とのことです。
引用 : LPI-JAPAN 「LPICの魅力をデータで見る」

続きを読む

Redmineをしっかり活用してチーム運用改善したら、チーム力がグンと上がった話

こんにちは、SREチーム エンジニアの西脇(@yasuhiro1711)です。今日は、チーム運用改善の話をしたいと思います。これからチーム運用をしていく方々に少しでも響けばいいな、参考事例になればいいな、と思って書いておきます。ちなみに、テーマを変えて続編も書く予定ですので楽しみにしてもらえればと思います。

チームに課題が出て来た

私のSREチームはこれまでは2人と少数精鋭でした。そこに昨年全く違う背景を持つメンバーが入って来ました。(ちなみにSREチームに改名した件も近々どこかで書こうと思います。)最初は仕事のやり方を変えずにやっていたものの、仕事が増えて連携する場面が増えると、2人のときの阿吽の呼吸だけではどうしても回らなくなることが増えてきました。他にも思考のすれ違いなど幾つか課題が出始めました。項目にするとこんな感じです。

  • 少数メンバーのため、人に依存したタスクが多かった。
  • チームメンバー同士での現状把握が出来ていない。
  • タスクの可視化や優先度の把握が不十分。
  • ロードマップの優先度付けも弱い。

それぞれこれまでやれてなくて出て来た課題なので、向き合って進めればいいのですが、
さて、どうやって解決していくのが楽しいか。やるなら楽しく進めたいものです。

そうだ!

うちはRedmineを使ってるので、
Redmineをフル活用すれば、「あーして、こうして」、結構いいかも。

と思いつきました。思いついたら吉日。即日動きました。

続きを読む

表参道で働くエンジニアのランチ事情 #1

こんにちは。サーバーサイドエンジニアの武田(@takedajs)です。
会社の誕生日プレゼントで頂いたプッシュアップバーと腹筋ローラーを使って筋力アップに励んでいます!
筋トレは健康に良いし、ストレス発散にもなりますので、運動不足になりがちなエンジニアの方にオススメです!

さて本題です。
1日中オフィスで仕事していることが多いので、気分転換も兼ねてランチをできるだけ外で食べるようにしています。
そこで今回は、弊社がある表参道で普段僕が行っているランチのお店を5件紹介します!

お店の条件

オフィスから徒歩5~10分以内で着くお店に行くようにしています。
12時にオフィスを出るとお店が混んでランチ難民になってしまうので、11:50にオフィスを出て12時までにお店に着くようにしています。
続きを読む