Adobe XDを活用してデザインレビューをはじめたよ

デザイナーの山下です。
___∧______________

みなさんは日々どのようにデザインをブラッシュアップしていますか?

  • 師匠や先輩にチェックしてもらう
  • ディレクターにチェックしてもう
  • デザイナー同士でチェックし合う
  • 自力でがんばる

と、方法は様々あるかと思います。

ウエディングパークのデザイナーチーム(通称:デザチ)は、
非常にフラットなチームなので、
この人がゼッタイ!!という概念がありません。

そこで選択したのが、デザイナー同士でチェックし合うです。
この取り組みを社内ではデザインレビューと呼んでいます。

デザインレビューを始めて半年以上経ち、

  • 生産性の向上
  • デザインスキルの向上

と良い面が沢山でてきたので、このナイスな取り組みをご紹介します★

続きを読む

デザインに関して知りたい人向け書籍のご紹介

デザイナーの山下です。
___∧______________

「デザイナーにどう指示だしたらいいかわからないから、参考になる本ない?」

「ディレクターだし、デザインの勉強もしたいんだけどいい本ないかな?」

「デザイナーになりたけど、何から読んだらいいのかな?」

などなど日頃こんなご相談をいただくのですが、
その際におすすめしている本をご紹介します。

続きを読む

Redis 4のUNLINKでサーバー負荷を抑えてみる(Redis Cluster)

Redis4.0のUNLINKを使ってみる

こんにちは、サーバーサイドエンジニアの菅原です。
今回は今更ながらRedis4系から追加されたUNLINKコマンドについて調べて検証してみました。

背景

Webアプリケーションのパフォーマンスを向上しようとするときRedisは強力なツールです。
ですがRedisを運用する注意点としてRedisの容量の懸念が見込まれます。
キーがどんどん積み上がるとRedisの容量を大きく圧迫し、そうなるとRedisはキーの検索に時間を要するのとキーを削除するときもサーバーに負荷がかかりサーバーダウンしてしまうことも考えられます。

setした時に設定したexpireが切れたキーも完全に消えることは確証されなく、
ゴミのデータが残る場合があるのでDELコマンドで定期的に掃除が必要になります。
しかしRedis3までのDELコマンドは一度に指定されたキーを全てアクセスして削除しようとするのでその間はRedisは他の処理を受け付けないため
Redisに膨大なサーバー負荷がかかり、Redisが落ちてしまったり、クラスターダウンの影響にも繋がります。
今回はその問題を解決するためにRedis4系で新たに追加されたUNLINKコマンドについて紹介します。

続きを読む

ELKで始めるElasticStack6入門 (Elasticsearch, Kibana, Logstash)

こんにちは、サーバーサイドエンジニアの菅原です。
今回はElasticStack6について学んでみたのでその知見を共有したいと思い記事にしました。

はじめに

検索エンジンElasticsearchの検証をしている中でELKと呼ばれるElasticStackの製品について学んでみましたのでそのELKの実行までの流れを記載していきます。

環境

  • Mac OS
  • Elasticsearch 6.2.4
  • Kibana 6.2.3
  • Logstash 6.2.3

入門内容

ゴール:ELKの使い方、及び導入からビジュアライズまでの流れを確認する

ELK

  1. Logstashでデータを扱う

  2. LogstashからElasticsearchにデータを加工し投入する

  3. KibanaでElasticsearchで投入したデータを可視化する

続きを読む

MySQL 5.7 の透過的暗号化をやってみたよ

こんにちは。SREチーム  インフラエンジニアの綿引です。

今回は MySQL の透過的暗号化 について記載したいと思います。
因みに透過的暗号化が使用できるのは MySQL 5.7.11 からですのでご認識のほど。

前回 は RDS の暗号化について軽く触れましたが、
その際はWebコンソールからボックスにチェックを入れるだけでした。

今回の MySQL の透過的暗号化を使用する場合には設定が必要です。
では早速やっていきたいと思います。

環境

・OS : CentOS 7.1
・データベース : MySQL 5.7.22

続きを読む

33時間クッキング【Kubernetesのラズベリーパイ包み〜ウエパ風〜】

こんにちは、SREチームの西脇(@yasuhiro1711)です。今回は特別番組ということで、33時間クッキング、【Kubernetesのラズベリーパイ包み ウエパ風】をお送りしたいと思います。見逃しそうな方はぜひ録画予約をお願いします。

サイバーの美味しそうなパイ包みを見て、ウエパでも物理的にパイ包みを作ってみることにしました。ローカルマシンやクラウドでもクラスターを組んで利用することは可能ですが、このクッキングを通じてKubernetesのそもそもの理解を深めることを目的としてやりました。

※ なおこちらの記事は、至る所をサイバーエージェントを非常〜〜にオマージュしおります。この記事を了承頂きまして、本当にありがとうございます! オマージュ記事は最後にリンクがございます。

一家に一台、Kubernetesの時代に

この10年でスマホが爆発的に普及したように、Kubernetesが一家に一台の時代がやってきます。本日作るラズベリーパイ包みはそんな時代にもってこい。家庭でお子様からおじいちゃんまで幅広く愛されるであろう、手のひらサイズのKubernetesです。

完成品

完成品はこちらとなります。ジャーン!
Image from iOS (9) 2

続きを読む

Nginxで403 Forbiddenが表示された時のチェックポイント5選

SREチーム  エンジニアの阿久津です。
今回はNginxの403 Forbiddenが表示された時のチェックポイントについて記事にしたいと思います。

環境

  • Vagrant 1.9.5
  • CentOS Linux release 7.1.1503 (Core)
  • Nginx 1.14.0

前提

  • 設定ファイル
     /etc/nginx/default.conf

  • DocumentRoot
     /var/hoge

  • テストページ
     /var/hoge/index.html

続きを読む

【入門】circleci/go-ecs-ecrを使って、CircleCI からAWS ECS にデプロイしてみる

こんにちは、SREチーム、エンジニアの西脇(@yasuhiro1711)です。今日は、circleci/go-ecs-ecrを使って、CircleCI からECS にデプロイをしてみたいと思います。(参考リンクには非常にお世話になりました。ありがとうございます。)

今回は題材にちょうど合う、CircleCIを通じて、AWS ECS/ECR にデプロイするGoアプリケーションがあったのでこれを利用していきます。勉強の題材にとてもよかったです。(しかし注意として、今回利用の「circleci/go-ecs-ecr」は、2018年6月現在、すでに更新されていないため、現在のCircleCIとAWS環境に自分で合わせないと動作できない可能性もあります。ご注意ください。)

最終的に目指すのはこのような設計です。(ECSクラスタ部分は図としては詳細には書いておりません。)

設計

今回の構成では、GitHubにユーザからpushがされると、CircleCIがそれを自動検知し、build実行を始めます。すると最新のソースがECRのレジストリに登録されて、ECSにて定義更新等が走り、EC2内のDockerコンテナにデプロイされる仕組みです。

続きを読む

5分でできる!Python3を利用した自動リンクチェッカーの開発

こんにちは。QAチームでマネージャーをしているエンジニアの斉藤(@saik1010)です。

弊社QAチームで品質向上を目的として取り組んでいる、PythonWebスクレイピングを使用した自動リンクチェッカー(HTTPステータスコードのチェック)について、
環境構築〜実際にリンクチェックを実行するところまでご紹介しようと思います。

環境

環境 バージョン
macOS Sierra 10.12.6
Python 3.6.4
pyenv 1.2.1

続きを読む

Ansible で Node.js を 10系 にアップデートするよ

こんにちは。SREチーム インフラエンジニアの綿引です。

2018/4/24 に Node.js 10系がリリースされましたね。
(私の誕生日です。)

そこで今回は Node.js のアップデートを Ansible を用いて実施する
という記事を書きたいと思います。

Node.js のアップデート方法に関しては、
1. 既存の Node.js(過去に yum でインストール)をアンインストール後、
2. Ansible の shell モジュール を用い Node.js を rpm でインストールする
という形にしました。

10 系を使うものの Node.js に関しての性能や新機能などの検証は行わないので
ご容赦のほどをお願い致します。

続きを読む