Redash

社内にRedashを導入するまで

こんにちは!DBAを目指しているエンジニアの高嶋(@__1016t)です。
当社でダッシュボードツールである「Redash」を導入するときに課題となったこと、
それをどのように解決したのかを書きたいと思います。

Redash導入の背景と目的

ウエディングパークでは施策を考えたり、効果検証をするときのデータを
都度SQLを書いて抽出しています。

データの抽出はエンジニアが行うことになっているので、
ディレクターに必要な項目、抽出する条件をまとめて依頼をしてもらい、
担当エンジニアがヒアリングしながらSQLを書いています。

この運用でずっとやってきたのですが、施策や人が増えていく中で
以下のような課題が出てきました。

・たくさんの依頼によるエンジニアの工数圧迫
・工数を圧迫する懸念から、ディレクターが依頼をする心理的ハードルが高い
・ディレクターがほしいとおもったタイミングでデータを見ることができない

これらの課題を解決するため、Redashの導入が決まりました。

導入にあたってSuperset と Redashを比較した記事もあるので、ぜひご覧ください!
Redash と Superset を比較検証してみた

続きを読む

Redash と Superset を比較検証してみた

こんにちは。SREチーム エンジニアの阿久津です。
今回は Redash と Superset という2つのツールを比較検証してみましたので
それについて記事にしたいと思います。

ツールについて

両者はオープンソースのダッシュボードツールです。
簡単に言うと、DB等のデータを可視化(表やグラフ)してくれるツールになります。

■Redash

公式サイト : https://redash.io/

■Superset

公式サイト : https://superset.incubator.apache.org/index.html

比較したこと

  1. データソース連携
  2. データ操作
  3. グラフ
  4. ダッシュボード
  5. 比較まとめ

続きを読む