はじめに

こんにちは、岩橋です。
今回は私が実務で行っているデータモデリング手法(実際手法とは名ばかりですが…)を紹介いたします。

データモデリングは、ご存知の通り、その後のシステム開発や拡張スピード、またシステム自身のパフォーマンスにも深く関わってきます。ここをどのように設計するかが開発プロジェクトを進める上で大きなカギになります。

なぜレシートなのか

モデリングする上で、その対象となるサービス・システムのビジネスロジックや仕様を深く理解する必要があります。レシートの背景にある「物を買う」という行為は至極身近なものであり、誰しもがそのレシートが発行されるまでの流れを経験で知っています。またレシートは、その小さな紙の中に「店舗」や「商品」など、WEBサービスで馴染みがある概念も多く含まれており、訓練をする上で非常に手頃なものです(「コンビニ」なるフレーズは掴みに使わせていただきましたw)。

今回の話のエリア

スクリーンショット-2017-03-20-12.02.47 (1)

今回は概念設計〜論理設計の前半までの内容を対象としています。具体的には「ある特定日のレシート一覧を出力できるシステム」のデータモデリングを行っていきます。

続きを読む