Redis

Redis 4のUNLINKでサーバー負荷を抑えてみる(Redis Cluster)

Redis4.0のUNLINKを使ってみる

こんにちは、サーバーサイドエンジニアの菅原です。
今回は今更ながらRedis4系から追加されたUNLINKコマンドについて調べて検証してみました。

背景

Webアプリケーションのパフォーマンスを向上しようとするときRedisは強力なツールです。
ですがRedisを運用する注意点としてRedisの容量の懸念が見込まれます。
キーがどんどん積み上がるとRedisの容量を大きく圧迫し、そうなるとRedisはキーの検索に時間を要するのとキーを削除するときもサーバーに負荷がかかりサーバーダウンしてしまうことも考えられます。

setした時に設定したexpireが切れたキーも完全に消えることは確証されなく、
ゴミのデータが残る場合があるのでDELコマンドで定期的に掃除が必要になります。
しかしRedis3までのDELコマンドは一度に指定されたキーを全てアクセスして削除しようとするのでその間はRedisは他の処理を受け付けないため
Redisに膨大なサーバー負荷がかかり、Redisが落ちてしまったり、クラスターダウンの影響にも繋がります。
今回はその問題を解決するためにRedis4系で新たに追加されたUNLINKコマンドについて紹介します。

続きを読む

初めてRedisを使うための環境構築

初めまして、システムエンジニア新卒1年目の菅原です。

今回は初めてredisを触ってみたので紹介します。

Redisに触れてみた背景

今年の9月半ばに職場の先輩たちとisucon6に参加しました。

残念ながら敗退してしまいましたが、これまでパフォーマンスをここまで意識したことはなく、参加チームの通過者や本戦出場者の中でもMysqlのデータをRedisに移行してパフォーマンスを速くしているチームが多い印象でした。

少し調べてみるとRDBMSのような複雑な処理にはRedisのキーバリューストア(KVS)型は向かないが、すべてのデータセットをメモリ内に読み込むため、とても高速で高いパフォーマンスをすることができることが分かりました。

パフォーマンスに問題があった場合Redisを使えることがパフォーマンスチューニングにおいては大切なことなのでそんなRedisを触らないわけにはいかないということで初めて触ってみました。

続きを読む