05_QA/テスト

QAチームの自動テスト推進 〜自動テストのツール選定編〜

こんにちは。
サーバーサイドエンジニア兼QAエンジニアの福山です。

QAチームでは、生産性高く、高品質なサービスを安定して提供するために
テスト自動化基盤の構築を進めてきました。

チームの意義目標(※1)は、『品質でサービスの信頼残高を爆上げする』として、QAマネージャー、Webディレクター、サーバーサイドエンジニア((※2)SET兼務)のメンバーで日々品質改善に取り組んでいます。
※1 意義目標…最終的に実現したい抽象的な状態や影響を示した目標のこと。
※2 SET…(Software Engineer in Test)

その中で、開発段階での障害検知と重要機能の継続的な品質担保のために、
E2Eの自動テストを運用にのせることができたので、

  1. 自動テストのツール選定
  2. 自動テストの開発
  3. 自動テストの運用

の3本立てでお話したいと思います。

本日は、1. 自動テストのツール選定 についてです。
弊社でどのように自動テストのツール選定をしたのか、
その進め方と、選定したツールはどんなテストにお勧めか
をお話ししたいと思います。

① 自動テストの前提の認識合わせ
② E2E自動テストの要件洗い出し
③ ツールの検証&選定

の流れで決めました。

続きを読む

5分でできる!Python3を利用した自動リンクチェッカーの開発

こんにちは。QAチームでマネージャーをしているエンジニアの斉藤(@saik1010)です。

弊社QAチームで品質向上を目的として取り組んでいる、PythonWebスクレイピングを使用した自動リンクチェッカー(HTTPステータスコードのチェック)について、
環境構築〜実際にリンクチェックを実行するところまでご紹介しようと思います。

環境

環境 バージョン
macOS Sierra 10.12.6
Python 3.6.4
pyenv 1.2.1

続きを読む

Headless Chrome でブラウザテスト自動化入門

こんにちは。サーバーサイドエンジニアの@akane_256です。

今日は、Headless Chromeを使ったブラウザテストの自動化(入門)について書きたいと思います。

目次

  • Headless Chromeとは?
  • 興味を持った背景
  • 今回やったこと
  • 実際のソースコード
  • まとめ

Headless Chromeとは?

  • Chrome59(2017/6月頃)から搭載された機能
  • ChromeをGUIなしでコマンドラインから実行できる
  • DOMのノードを取得したり、画面キャプチャを撮ったりできる
  • ツールと組み合わせて自動テストに使ったりする

ブラウザを開いて、特定のページを開き、自分で目視確認しなくても、
あらかじめ作ったプログラムをコマンドから実行をすれば
自動でキャプチャをとったり指定の要素を取得したりすることができます。

続きを読む